印鑑は一種類ではない

印鑑セットイメージ

印鑑を買う人に多い買い方が「セット買い」です。
印鑑をセットで買うというのは、ポピュラーな買い方と言えるでしょう。
何故、印鑑をセットで買う人が多いのかわかるでしょうか?
それは、印鑑は一種類ではないからです。
印鑑は、用途に合わせて何種類か必要になります。
そのため、セットで印鑑を買う人が多いのです。

では、そのセットとは、どのようなセットになるのでしょうか。
一般的なセットは、「実印」「銀行印」「認印」の三本セットでしょう。
日常生活の中で必要になる「実印」「銀行印」「認印」をまとめて買うことが出来る三本セットは、ポピュラーなセットです。
デザイン、印材を揃えることが出来るのも、セット買いの利点でしょう。

「実印」「銀行印」「認印」の三本セット以外では、「実印」「銀行印」の二点セットがよく買われるセットになります。
「認印はすでに持っている」「認印は安いもので良い」といった場合には、認印がセットになった三本セットではなく、「実印」「銀行印」の二点セットを選ぶことになります。

印鑑セット買いの利点は、必要な印鑑がまとめて揃うことや、デザインと印材を揃えることが出来るだけではありません。
セットで買うことで、単品買いよりもお得に購入出来ることが多いということも、大きな利点になるでしょう。

こうした理由から、印鑑をセットで買うという人がたくさんいます。
周りの人に聞いてみると、印鑑はセットで買ったという人がたくさんいるのではないかと思います。

ページの先頭へ